身体も喜ぶ?含有している成分で選ぶ!

ウォーターサーバーと水道水の違い

近年、自宅でウォーターサーバーを利用している方が多くなっています。日本の水道水は世界でもトップクラスに安全で美味しく飲めると言われていますが、それでも水道水の味や安全性を疑問視する方は多いです。水道水が危険と言われているのは消毒に使われている塩素が原因になります。塩素はカルキ臭と言われる独特な臭いがあり、味も少し変です。また、塩素は体内でトリハロメタンという発ガン性がある物質に変化します。ウォーターサーバーは補充された水を飲むことになりますが、補充される水は天然水です。天然水は湧き出る環境によってミネラルなどの成分が含まれているため、健康に良いものとなっています。成分ができるだけそのままになるよう除菌もされているので、小さなお子さんなども安全に飲むことが可能です。

成分や料理の相性で水を選ぶ

天然水には数多くの成分が入っています。特にミネラルが豊富に含まれていて、健康な体を作るための助けになってくれます。中でもカルシウムは成長期や妊娠中、授乳期間には不足しがちだと言われているため、カルシウムが含まれている天然水をセレクトすれば子供がいたり、妊娠中でも安心です。ご家庭や食材に合わせて水を選ぶという方法もあります。食材の産地と同じ場所の天然水は味に一体感が出ると言われているのでオススメです。天然水を選ぶ際の注意点として、硬度がなるべく低いものを選んだ方がより安心です。天然水の硬度は健康な人が飲んでも体調を崩すほどではありませんが、免疫力が弱っていたり、子供や高齢の方が飲むと下痢を起こす危険があるので注意しましょう。

コンパクトなウォーターサーバーは、実用性の高さはもちろんのこと、インテリアにも活用できるお洒落なデザインのものが多くあります。