不純物の少ない、綺麗な水が飲みたい!

産地による特徴の違いを確認する

需要の増加に伴って自宅でウォーターサーバーを利用する人が増えていますが、数多くのメーカーから販売されているため、どれにすればいいか悩んでしまう人も多くいます。そういった人におすすめの選び方として挙げられるのが水の産地です。ウォーターサーバーに使用されている水は、市販のミネラルウォーターと同様にメーカーによって産地が異なります。中には水なんてどこで汲んだ物でも同じだろうと考えて適当に選んでいる人も少なくありません。しかし、これは大きな間違いで含まれているミネラル量から硬度に至るまで細かい違いがあるのです。当たり前のように飲んでいると気が付き難い部分ですが、飲み比べてみるとよくわかります。そのため、水の特性をよく知った上で選ぶことが大切です。

国内外で異なる水の違い

ミネラルウォーターは大きく軟水と硬水の2種類に分類されます。これらは水の硬度を基準にして分けられていて、日本を原産とするミネラルウォーターの多くは軟水です。軟水は無味無臭が特徴で、純粋に水として飲むのはもちろんのこと、料理との相性が良い点もメリットの一つに挙げられます。その他にも肌や髪にも良く、乳幼児のミルクを作る場合の使用にも最適です。それに対し、ヨーロッパなどの海外を産地とするミネラルウォーターのほとんどは硬水と言われています。硬水はマグネシウムを多く含んでいることから、便秘対策として効果的です。それ以外にも、心筋梗塞や動脈硬化といった病気のリスクを減らす効果も期待されているため、健康への不安を抱える中高年に特におすすめと言えます。

ウォーターサーバーの値段は、1か月あたり数千円から一万円程度となっており、飲料水やボトルだけでなく、電気代やメンテナンスなど様々な場面で料金が発生します。